バルチャー購買部

特撮 アニメ ガンダムゲーについて

「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の魅力について (その1) (最終更新:2017/07/16)

f:id:anikimukimuki:20170604224005j:image

夢をテーマにした ハートフルなウルトラマン

自分はこの「THE FIRST CONTACT」がウルトラシリーズの中で一番好きな作品だ。

今回は作中のテーマや設定と織り交ぜながら、魅力を語っていきたいと思う。

  • 子供の夢をテーマにした登場人物

周りからバッシングを受けようと、自分の夢に対して真摯な姿勢であり続け、様々な困難に立ち向かっていった主人公 春野ムサシくんや、防衛チームのポジションにあたる、SRCの面々も、車の設計士、ケーキ屋さん、学校の先生等、子供の頃に一度は憧れたであろう職業に就いているなど、登場人物からの設定からも「夢」をテーマにしている事がうかがえ、なおかつこれらは、その独特の世界観の構築に一役かっている所が、本作の魅力の一つであろう。

  • 科学調査サークルSRC そしてシャークス

本作の魅力を語る上で次に欠かせないのが、この「SRC」の各種設定である。まず、SRCは防衛組織では無く、ボランティア的な調査と研究を行う機関であり、出現した怪獣への対応も、無闇に殺害しようとするのではなく、もといた生息域へ戻すという形式をとっている。そしてその際に使用する航空機も殺傷兵器を一切搭載しておらず、機体からパンチグローブが出てきたり、大きな拡声器がムニュッと出てきたりするなど、どこかおもちゃっぽい。これらがまた「子供の夢」という作品のテーマに貢献していて良い点だと思う。

そしてSRCの対となる組織「国際緊急組織シャークス」国防軍直属の組織なので、こちらは所謂「敵もといおじゃまキャラ」である。(本作でコスモスが戦う敵はバルタン星人だが)ムサシの夢へと立ち塞がる障壁という立ち位置で描かれており、面白いシーンがある。これのメカニックも、SRCの扱う物とは違い、凶暴なデザインで殺傷兵器も搭載している。その対比が魅力。

「THE FIRST CONTACT」の最大の魅力 それがこのコスモスというウルトラマンだろう。

ムサシの夢の一つ「ウルトラマンに会うこと」バルタン星人との戦いで傷つき、ムサシが遊んでいた森林公園の近くの森に倒れ、精神体になってしまったコスモス。そしてコスモスを復活させる為に、知恵を絞って頑張るムサシ。ムサシの頑張りによって復活するコスモスは

ムサシにお礼として、望む物、欲しい物を問う。

ムサシは欲しい物なんてないよ。と答えるが

「宇宙飛行士になって、ウルトラマンと空を飛ぶのが夢だったんだ」という自分の夢、すなわちコスモスに対しての願望をうちあける。ムサシはコスモスを心配してか「無理だよね... 今は...」と言うのだが、

それでも、コスモスは無言で手を差し出してくれる所に、その優しさを感じる事ができる。この一連のシーンの流れで、従来のウルトラマン像とは違い、寡黙で壮大だが、親密なウルトラマンとして感じられるのが良い。小さい頃、ウルトラマンが好きだった人は誰だってウルトラマンに憧れ、会いたいなどの夢を持っていたと思う。映画の中の話だが、ムサシもその夢を持っており、その境遇を感じたからこその感動もあるのだ。(筆者も昔の頃を思い出して号泣してしまったσ(^_^;))

 

次回はラストについて語ります。